MG RX-78-2 ver.3.0発売!?

や~ガンプラただ今停滞中!(汗

最近DIYにハマってしまって暇があれば何か作ったりホームセンター行ったりと。
もう少しで落ち着くので、そしたらバンシィノルンやります!あ、その前にハンブラビの撮影だ、、、^^;


ブログ書くつもりなかったけどネットで見つけてびっくりした事があり記事書いてます、、、


出すんですか!?これ?


MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 プラモデル バンダイ

発売予定日

2013年8月予定


商品詳細

新たなるMGの未来に向けRX-78-2ガンダム、発進―

1995年、バンダイが進化させてきた“プラモデルを可動させる技術”と、ユーザーやクリエイターがアップデートしてきた“メカニックとしてのモビルスーツのリアリティ”の融合によって立体化された「RX-78-2 ガンダム」を第一弾としてMGはスタートした。

以降、Ver.1.5、Ver.Ka、Ver.ONE YEAR WAR 0079、Ver.2.0と、RX-78-2 ガンダムはその時々の技術の集大成としてMGの進化を支えてきた。そして「Ver.2.0」以降も進化を続けてきたMGのひとつの形が、2012年12月に発売されたMG「νガンダムVer.Ka.」である。

精密な装甲パーツ分割やスライドギミックなど、新しい技術を導入したこのキットはガンプラの新たな可能性を示唆するものであった。このひとつの到達点と、数年にわたるトライアルを未来へとつなぎ、さらにMGを進化させていくには、現在の集大成としてRX-78-2 ガンダムを新たにMGとしてキット化することが必要不可欠な段階に到達したのである。

2013年、MGの新たなる未来に向けて、最新のガンダムデザインを完全再現しただけではなく、新たな可動解釈を加えた「可動表現まで作り込まれたスケールモデル」として、想像を超えたレベルでリアリティを感じられるキットを目指し、MG RX-78-2 ガンダム Ver.3.0が始動する。

■「脅威の可動範囲」と「究極の外装連動」の融合

前モデルVer.2.0を超える基本可動性能を実現する「ムーバブルアーマーシステム」を搭載。同システムでは装甲パーツにも内部と連動した可動性を付加。従来、可動の妨げになりがちだった肩アーマーなどにアクセント可動を追加することで、可動の自由度が大幅に向上させている。
内部構造には塗装可能な素材を使用。

■付属品■
・ビーム・サーベル×2
・ビーム・ライフル×1
・シールド×1
・ハイパー・バズーカ×1

■商品内容■
・成形品×22
・ホイルシール×1
・リアリスティックデカール×1
・組立説明書×1

(C)創通・サンライズ



ver.2.0が失敗だったからかな?
にしても早いな~

僕的にはコレよりver.kaの2.0が欲しいっす。
岡プロが作ったバランスで。

しかし可動ってそんなに求められてるのか疑問だ、、、
作り手のこだわりにすぎない気がする、、、
スポンサーサイト
コメント
No title
Ver.3.0の発売決定で、
Ver.Ka2.0の可能性が減った気がしてます…(-∀-;)しーん

じゃ、自分で作っちゃいますかw
ぐっちMAX URL 2013年05月20日 18:43:08 編集
No title
ぐっちさんども。

あのデザインのガンダムもいいけどRGで出てるしどーなんでしょ?

バンダイはver.kaνと並べてほしいと言っていたけど、並べるならver.ka2.0だと思う、、、

そんじゃ作っちゃいますかw
シマコウ URL 2013年05月22日 14:33:42 編集

管理者だけに表示する

★Profile

★GALLERY

★CALENDAR

★Next work

★お勧めサイト

★最近の記事

★最近のコメント

★月別アーカイブ

★カテゴリー

★FC2カウンター

★ブログ内検索

★RSSフィード

★リンク