スジ彫りガイド

皆様こんちは~


さてザクはあちこち弄っていて記事としてまとまらないので、今回はスジ彫りのガイドについて僕がやっている方法を・・・

あくまで僕のやっている方法ですんで『やりづれ~よ』とか『そんなの常識』とかのクレームは一切受け付けませんw


始めはスジのデザインを直接パーツに書いてますね、、、
そして決まったらガイドを作りますが、最近こんなことしています。

シャープペンで書いたスジにセロハンテープを貼り付けてテープに転写。
R0012407.jpg



剥離紙(シールなどの台紙でツルツルしている紙)にガイドとなるモノ(僕は透明ビニールテープ使用)を貼り付けて、その上から転写したセロハンテープを貼ります。
透明なんで画像だと判りづらいですが、、、
R0012408.jpg



そして線に沿ってカット。
R0012409.jpg



ぱーつに貼り付けて彫ります。
R0012410.jpg



ガイドは捨てずにもう片方の腕にも使ってます。
腕の裏側も同じように彫りたいのでガイドを新たに作りますが、、、
R0012411.jpg



まず剥離紙の表(ツルツルした面)にビニールテープを貼り、、、
R0012413.jpg



剥離紙の裏に使ったガイドを貼って、それに沿ってカットします。
R0012412.jpg



こんな感じで両側彫り作業してま~す^^
R0012415.jpg



曲面はビニールテープ、平面はダイモテープと使い分けてますね。
いずれも透明な物を使ってます。
下書きのラインやパーツの形状が確認出きるので便利ですね~

ちなみに透明のダイモテープって入手困難らしいです(汗
ネット通販なら買えると思いますが、、、


←ポチッと宜しくです(^^)

スポンサーサイト

作業用ゴミ箱

皆様こんばんは~

本日はちょいと作業のしやすい環境作りについて。
近頃プラ削ったりパテ削ったりの作業が増えていて、机の上が大変な事に(汗
そこでプラモの箱でこんな物作ってみました。
R0012195.jpg

簡易ゴミ箱です^^
以前はレジ袋を机に貼り付けてましたが細かい部品を落してしまうと探すのや取り出すのが困難でイライラの元でした(汗


使い方は簡単でカッティングマットの下に敷くだけです。
レジ袋と違って浅いので落とした部品を探すのも取り出すのも手間がかかりません。(当社比w)
R0012196.jpg



また切り出してすぐに捨ててしまうプラ板も、この中に落としておいて作業を進めていくうちにちょうどいい大きさのプラ板を探して見つけたりw
新たに切り出す手間も省けますね。
捨てるときも簡単に捨てられてまた使えますし、、、
一度作っておくと便利です^^
R0012197.jpg

ってこんなの知ってるよって方はゴメンナサイ
知らなかったって方は是非作ってみて下さい~^^;


さて、黒ザクは進んでません(汗
頭部のヘルメットを接着して整形、形状を整えたのみですorz
今週はこんな感じの進み方ですね、、、



リンクのお知らせ

紅さんのブログ紅のプラモ館をリンク貼らせて頂きました~
まだ開設したばかりみたいですが、、、
これからも宜しくです~^^


←ポチッと宜しくです(^^)


お手軽マイナスモールドでディテールアップ

皆様こんばんはです

さて今回はお手軽にディテールアップする方法をご紹介します。

マイナスモールドって彫ってます??
僕は彫らない方が多いです。溶かしますw(ショートベルさん見てます?w

まあ、皆さんご存知かもしれませんが僕はこの方法をよく使います。


用意する物は、精密ドライバー、デザインナイフ、ペーパーやすり
そして火です。



まずは精密ドライバーの先端を火であぶり、プラが溶ける位まで熱します。
そしてディテを入れたい部分にムニュっと押し当て、冷めるまで待ちます。
息を吹きかけると早いですが貧血には注意します。
~(´ε` )→( ̄□ ̄∥)

200706012355000.jpg




ムニュっと出た部分をカットします。               
200706020005000.jpg




ペーパーで均して出来上がり!
200706020006000.jpg




早いっすね~
でも慣れないと溶かし過ぎちゃうので注意が必要ですね。
またマイナスドライバーだけでなく、色んな加工した物を作っておけばディテールの幅が広がります。


僕は初めロウソクを使っていましたが、ススが付くのでお勧め出来ません。
ちなみに今使用しているのがこれ↓
200706012355001.jpg



携帯バーナーです。
燃料は使い捨てライターなのでお手軽に使えますよ^^
200706012356000.jpg

曲面のスジ彫り方法(オレ流)

みなさんこんにちは~
前回のスジ彫りの記事でたくさんの方からコメント頂き嬉しく思います(^^)
え~そこでhaharuさんからレクチャーの要望がございましたのでご紹介したいと思います!(結構ノリ気w)

まず使用した物です。
ガイドは僕が一番愛用しております透明ビニールテープ!
厚みもあり、柔軟性に優れているので多少のカーブがかったラインにも対応できます(^^)v
RIMG0067.jpg


ザクの角ありヘッドは使わないのでこいつで。
まず、シャープペンでラインを適当に書き込み(こんなもんか・・・こんなもんだろ・・と言いながら)
RIMG0054.jpg


ビニールテープを適当な大きさに切り、線に合わせて貼るのですが、張り方で線が決まってしまうのでここは慎重に!(これでいいのか?・・・これでいいんだよな!と言いながら)
そして最初は撫でるように少しずつ彫っていきます。(基本ですね)
RIMG0055.jpg


曲面に真直ぐな線を引く時、そのまま貼ったらこうなります。
RIMG005711.jpg


ここでビニールテープの威力発揮といきますか!頼むぞビニー!(ビ:おうよ任せろ!!)
こんな具合に線に合わせて貼りつけます。つまようじなどで調整しながら。
あ、ちなみに透明だと線が見えるので何かと便利(^^)v
RIMG00561.jpg
他の部分も
RIMG005911.jpg


ある程度彫りが深くなったらビニールを剥がしてエッチングノコやらも使いながら彫ります。
RIMG060.jpg


後はペーパーやスチールウールで大まかにケバ取りします。
RIMG0062.jpg


まだケバやバリが残っている場合、デザインナイフで軽くカンナがけしてやります。(なに~!男はだまっしつこい!
RIMG0063.jpg


そして完成!!レクチャー用なので線が曲がってますが何か?
RIMG0066.jpg


スパイクアーマーは言うまでも無くノギスで当りを付けてやるとキレイな線が引けます!
RIMG0068.jpg


クランクしてる部分は・・・お~いビニ~出番だよ~(ビ:よっしゃー!!)
こんな感じにカットした物を使いました。
RIMG0071.jpg


画像のように貼り付けて彫り彫り開始!終わったらビニーをゴミ箱にポイッ・・・(ビ:や、やめろ~!!)はせずに剥がして反対側にも使います。(ビ:た、助かった・・・)
RIMG0070.jpg


ちなみに太腿も同じようにやりました。同じビニールを左右に使用すれば左右対称なスジ彫りが出来ますよ(^^)


ビ:みんな!オイラをヨロシク頼むぜ~!!・・・ポイッ・・・オーマイゴォォォォーーーー
 
 | HOME | 

★Profile

★GALLERY

★CALENDAR

★Next work

★お勧めサイト

★最近の記事

★最近のコメント

★月別アーカイブ

★カテゴリー

★FC2カウンター

★ブログ内検索

★RSSフィード

★リンク